FC2ブログ

TransToach

Toachによる小説イラストブログ。 TS物を中心に書いていこうと思っています。 ばらばらに書いているので、 まとめ読みする時は小説一覧からどうぞ

探索・乱入

「ケイさん?」
「ひっ!?」

ぼうっと絶頂の余韻に浸っていると、いきなり背後から声がかけられた。サトシだ。

「いったい、何やって」
「ば、ばか、見るな!」
「み、見るなって言っても…」

慌てて隠そうとするが、何より隠すものが何もない。触手こそひっこんでいるが、俺の身体は白濁液まみれで、特に口、股間にはべっとりとスーラの精液(?)が付着している。

「ケイさん、エロい…」

かちゃかちゃ、と音がして、サトシが近寄ってくる。逃げようにも腰に力が入らず、立ち上がることもできない。サトシの目は俺の胸、腰のあたりを凝視している。

「や、やめ…あむっ」

止める間もなくサトシの一物を口の中に押し込まれた。さきほどまでのスーラとは違う、硬く熱く、脈打った触感。

「んむっ…んっ…ん…」

噛み付くわけにもいかず、かといって吐き出すこともできず、されるがままになっていると、サトシはそれをどう受け取ったのか、一物を引き抜くと覆いかぶさり、俺の身体に手を伸ばしてきた。俺の股間、スーラの白い何かと俺の愛液で濡れに濡れた部分に手を添えて、

つぷっ
「あぁぁ…っ」

中指をゆっくりと、深く刺してきた。サトシの指使いは優しく、柔らかで、余韻から覚めようとしていた頭が、身体が、またほてってくるのを感じる。

「サ、サトシ…もう…」

心得たとばかりに、サトシは指を抜き、代わりに一物を俺の股間に添える。期待に思わず腰が浮き、触れた粘膜から起こる刺激がさらに期待を高める。

ずぷっ!
「あ、ああぁぁぁぁっ!!」

サトシの腰が深く深く打ち込まれ、肉棒が身体の芯をえぐる感触に思わず絶頂に達する。サトシの動きは止むことなく、繰り返し腰を打ち付けてくる。

ずっ、ずっ、ずっ
「あ、はぁん、あんっ、あっ、あんっ」

耐えきれず、首を振りながらサトシの背中に腕をまわしてしがみつくようにすると、サトシが動きやすくなったのか、ピストン運動が滑らかになるのを感じる。俺の股間からサトシの動きにあわせて肉棒が出入りしているのが見える。その幹はてらてらと光り、俺の腰はサトシの動きに合わせて細かく動いている。肉棒が打ち込まれるたび、稲妻が走るような快感が身体全体を駆け巡る。

「あ、サトシ、もう、もう…っ」
ず、ず、ず、ずっ!

親友にまたも犯されている…それを自覚すると、大きな絶頂の波が急激に押し寄せてくるのを感じる。感極まった声に、サトシの動きも早くなり、

ずっ!どくっ、どくっ、どくっ!
「あ、なか、あつぃ…あ、ぁはぁああああん…」

サトシは俺の柔らかな身体にしがみつき、小さく身体を震わせて果てた。身体の芯にサトシの熱い奔流を感じ、なすすべなく絶頂に達する。

「あふ、ぅ、あ、あぁあああ…」

スーラに引き続いてのセックスで体力を使いはたし、俺はまたも床にへたりこんだ。
スポンサーサイト
[PR]

ホルモンガール第四話 [幕間]

ホルモンガール第四話
スーパーヒロインの休日

1: ヒロインの早朝訓練・戦闘
1 幕間 朝

2: 朝とはうってかわってけだるげに休息する昼
2 幕間 昼

3: スーパーヒーローも一人の女になる夜
3.1 作戦会議!打倒ブラックレディ(仮称)
3.2 懇親会
3.3 真・懇親会
3.4 探索
3.5 探索・攻守交代

探索・攻守交代

「な、何を考えてるんだ…!」

慌てて首を振り、平常心を取り戻そうと顔にシャワーを浴びる。しかし、このエロい身体に、一度ついた勢いは止まらなかった。身体を洗う手が、ふっくらとした尻に触れた途端、

「はうぅ…っ」

この上なく気持ちのこもった喘ぎ声が出る。俺、こんな声だせたのか…じゃなくて。

「尻に触っただけなのに…」

頭がぽうっ、としてくる。もうやめないと、と頭では分かっているものの、手が勝手に尻を撫でまわしている。

「うふっ…ああ…」

空いていた片方の手を、立派な胸の塊に伸びる。ふわっとしたそれをぎゅっ、と握りしめた。

「あ痛っっ!?」

刺すような痛みが走り、思わず手を離す。今まで、こんなことは無かったのに…と考えたところで、自分でするのは初めてだったことに気づいた。なんだ、俺が一番下手だった、ってことか。

「んっ…あぅ…」

気を取り直して、今度は優しく胸に触れる。最初は表面をさするように、揉みはじめたら、だんだん強く、押しつぶすように。

「ううっ…ああ、気持ちいい…」

いつの間にか声が出て、気恥ずかしさに目をそらす。目線の先にちょうど鏡があり、その中からは赤毛の美女が、自分の胸と尻に手をあて、紅潮した顔でこちらを見ていた。そうか、今は俺が…

『…ん、なんだ、お楽しみだったか』
「…んふ…うあああっ!?いや、これは!」

スーラが目を覚ました。せっかく良いところだったのに、との思いを必死に追いやって、なんとか言いわけしなければ、と考えている俺の苦悩を無駄にするように、とんでもないことを言ってのける。

『そうだ、どうせなら、昨日の続きをしようか。今度は交代、ということで』
しゅるるるっ。どたん。
言うがはやいか、俺の手首のあたりと、腰の後ろあたりから、真っ赤な触手がするすると伸びてくる。敵と戦うときに幾度となく目にした、スーラの触手だ。いつもと違うのは、触手はみるみるうちに、俺の身体に絡み付いていく、という点だ。足を取られて尻餅をついた後は、あっと言う間に身動きがとれなくなる。

「や、やめろスーラ…っ」
『そうは言ってもな…』

ぬるぬると全身にまとわりついた触手が、きゅっ、と、少々きついくらいに締め付けてくる。火照った身体にひんやりとした触手が心地よく、思うように抵抗できない。そんな俺の様子を知ってか知らずか、触手がさわさわと、愛撫を始めた。

「あ、ああっ…やだ…」

もじもじと逃げようとするものの、立ち上がることもできないのでは、どうにもならない。それどころかスーラは、太ももや、首筋といった敏感なところにわざと触手を固定して、俺が逃げようと動くことで快感が生じるようにしている。

「うんっ…あ、やあんっ…んっ…」

先ほど中断させられた乳房への愛撫が、スーラの触手で再開される。きゅうっ、と乳を絞るように巻き付いた触手が、強くもなく弱くもなく、絶妙な加減で刺激を与えてくる。上手だな…とかぼんやりと考えていると、スーラはますます調子にのって、乳首へと触手を伸ばす。

「あはぁぁっ!あんっ…」

乳首へ到達すると同時に、股間に伸びた触手が、膣の入り口をつん、とつついてきた。期待していた快感と、予想していなかった刺激に、思わず嬌声をあげた。きゅうっ、と、下腹部が収縮し、肉棒のない股間に違和感を感じる。見ることはできないが、濡れてきているのだろう。

「んっ、あんっ、あぁんっ…き、もち、いい…あっ、あぁ…っ」
ちゅぷ…
もはや抵抗する理由もなく快感をむさぼる。頃合いよしとみたか、スーラの触手が股を割って、ぐぐっ…と身体の中に入ってくる感触。少しの嫌悪感があったものの、相手が四六時中精神同居しているスーラでは、快感の方が圧倒的に勝っていた。触手を迎えるように腰を振ると、スーラも喜んでますます深くに潜りこんでくる。

「やっ、ふあぁっ…あん、はぁん…あはっ!」

身体の芯が、直接叩かれている感触。重く甘い痺れが全身に行き渡り、俺は大きく息を吐いた。

「あぷ…んむむっ…ぷは、ん…っ」

大きく開いた口の中に、スーラの触手が侵入してくる。びっくりして噛みそうになるが、危ういところで留まる。得体の知れない赤いモノに口の中を犯される感触が、不思議な快感となって脳にひびく。知らないうちに、舌を絡めていた。

「ちゅぷっ…んぷ。ふぁぁっ…」

口の中の触手を愛撫すると、鏡の方を向くことになった。鏡に映るのは、全身に赤い触手がまとわりつき、口と股間から犯されている一人の女の姿。それを見たとたん、俺の中で何かが燃え上がった。

「あ、や、だめぇ…」
ちゅぷ、にちゅっ…ちゅくっ。
ひく、ひく、ひく、と股間が脈動する。それに合わせるように触手が蠢き、愛液と粘液を俺の中で混ぜ合わせる。女体は頂点に向けて、一気に加速をはじめた。

「んあ、あっ、あ、イク、イク…んんッッ」
びく、びく、と身体が痙攣し、一瞬、意識が白くなる。

どくっ、どく、どくん!
計ったようなタイミングで、全身に絡み付いた触手の先端から、白い粘液が吐き出される。俺の口の中、そして、ヴァギナにも存分に注がれる。冷たい触手とは対照的に、まるで精液のように熱い。その感触に、愛おしくなるような快感を覚えた。

「あつ、熱い…!んく、んぷぅっ…はぅ…」
とぷ…どぷっ…
股間から触手が引き抜かれ、粘液と愛液の混ざったものがあふれでる。中に入っていたものを惜しむように、女性器がひくついているのを感じる。

「き、気持ち…良かった…」
スーラとの触手セックス。そのあまりの快感に、俺は触手による拘束が解けたあとも惚けたまま、風呂場にへたりこんでいた。

探索

「…で、これはどういうことなんだ」

『…分からない』

昨晩は、時に激しく、時に優しく交わりあい、限界に達してそのまま眠りこんでしまった。

『…昨日は、激しかったから…覚えてない』

ホルモン野郎…スーラは、起きたら俺の身体の中に戻っていた。少しばかり寂しかった。まあ、久しぶりに外に出て、疲れたんだろう、くらいに考えてふらふらと風呂に入ったところで、自分の身体の違和感に気づいた。シャワーヘッドを握る細く長い指。白くなめらかな、陶器のような腕。下を向けば、見事に張りだした巨乳。柔らかく揺れている。鏡を覗きこめば、燃えたつような赤い髪と瞳の、ちょっときつそうな顔。寝起きで不機嫌な表情がますます迫力を感じさせるが、それでいてなお美しい。忘れもしない、昨日何度も口づけた、柔らかそうな唇。そう、戦闘でもないのに、俺は女体化していた。呑気に寝ているスーラを脳内で叩き起こす。

「つまり、寝ぼけて変身させちまったってことか?」

『おそらくは…』

あいたたた、とつぶやく。腰が痛いらしい。スライムの腰はどこにあるんだろうか。

疲れてるみたいだしそっとしておくか、ということで俺は先にシャワーを浴びることにした。妙にスーラに優しい自分に気づいたが、昨日抱いたせいだ、とは考えたくない。

「それにしてもこの身体、本当にスタイルいいな」

シャワーを浴びながら、誰にともなくつぶやく。シャワーの水が俺の胸の上を流れていく様子が、妙に艷めかしい。水流は柔らかな乳房の頂きに達すると、細かいしぶきになって浴槽に落ちていく。いくらかの水は谷間を通り、どこまでも滑らかなお腹を流れて、今では何もなくなった股間に向けて落ちていく。それをぼうっと眺めているうち、俺はどきどきと、変な気持ちになるのを感じていた。

真・懇親会

『何がそんなにおかしいんだ』

抱きついたまま笑い続ける俺に、スーラが撫然とする。
しかし、機嫌はすこぶる良さそうだ。
白い頬に笑みを浮かべている。

『おかしいのはむしろ、君の方じゃないか』
「うっ!?」

いきなり、股間に電気が走る。
見ると、いつの間にか勃起していた息子に、スーラのきれいな指が絡んでいる。

「いや、これはその…」
『自分の身体に欲情するなんて、変態じゃないか』
…ちょっと待て。

がばっ、とスーラを引きはがし、前に回りこむ。
顔、首、胸、順番に見ていく。

「まさか」
『そうだ。変身したときの君の身体だ』

『一番慣れていたので、今回も使わせてもらった』
そういえば、ところどころに見覚えがあるような気がする。
顔とか、胸とか、足の形とか、何かしらの感情が呼び起こされる。
変身するのはいつも戦闘時なので、じっくり見たことはないが。
いや、でもやはりこの胸は…

『ほら、あんまり見るから、またすごいことになっているぞ』
ふふっ、とおかしそうに笑うスーラに、俺は思わず前を隠した。

『そうだ、せっかく外に出ているんだ、君ともっと親交を深めておこうか』
「お、おい…ちょっ」
言うが早いか、スーラが素早くかがみこみ、俺の息子がぬるぬるとしたものに包まれた。

『はぷ…はむ。んむ…』
やはりスライムだからなのか、スーラの中はちょっと冷たい。
しかし、熱い股間にはちょうど良い刺激な気がする。

『ぺろ、ん、けっこう…はむ』
味見をしたり、遊んでるんじゃないか、と思うようなフェラチオだが、これがとても気持ちいい。

『んっ、んっ、んっ…』
「あ、スーラ、もう…」
一心不乱に俺の肉棒を咥えるスーラを見ていると、俺はあっという間に高まってしまった。
引き剥がそうとするが、逆に、くわえ込まれてしまった。
さらにスーラは、頭を前後させるように深く運動する。

びゅっ、びゅっ…
「ううっ」
『ん…んっ。こく…』
あえなく、口の中で果てる。
くわえたまま、美味しそうに俺の白濁液を飲み下すスーラ。
その姿を見ていると、射精で一度は萎えかけた俺の息子が、あっという間に硬さを回復する。

『んんっ…んふ…ぷは』

『おや。まだまだ元気なんだな。では…』
スーラはフェラ、口内射精ですっかり上気した顔でつぶやくと、すっと俺の横を通り、ベッドに四つんばいになる。
そのまま俺に尻を向けて、腰を左右に振った。
その意味するところは…

『いいぞ。君の身体でもあるんだ。好きなように…』
肩越しに挑戦的な目で、こちらを見ている。
彼女も欲情しているのだろうか。
目が、さらに赤みを増している気がする。

そんなことはしかし関係がなく、俺はもはや、肉体の欲求に抗えなかった。
スーラの尻をつかむと、そのまま覆いかぶさるように挿入する。

じゅぷ、ぷっ
『あはぁああん!』
心底気持ちよさそうな声に満足し、俺は腰を動かす。

ぱん、ぱん、ぱん
『あっ、あぅ、あぁっ』
やわらかい尻に腰が当たる音が、耳に心地よい。
しかし、本当にすごいのはこの膣だ。
まるで生き物のように、俺に絡みついてくる。

ぷちゅ、ちゅ、ちゅぷっ
『ああっ…誰かに抱かれるというのは、気持ちが良いものだな…んっ』
とろり…言葉を裏付けるように、俺たちの接合部分から白い糸を引いて、スーラの体液がこぼれ落ちた。


ずぷ…っ
『あ、あ、あぁああああああっ…ケイゴ…っ』
後ろから、スーラの腰を鷲づかみにして、動きつづける。
白い腰は、意外と肉付きがよく、俺の指をやさしく受け止める。
そんなやさしさに反抗するように、俺はひときわ力強く、腰を打ち込んだ。

『あ…あっあっあっ、もう…だめ、だめ…』
「う、スーラっ…」

びゅくっ、びゅく!

『あ、いい、あ、あぁああああああ!っっっっ!!』
俺が射精すると、スーラも果てたのか、身を緊張させてぷるぷると震えた。
しばらくして、スーラの身体から力が抜ける。
俺も重なるようにして倒れる。


ぴく、ぴく、と小刻みに動く身体と、少しひんやりとした感触に、息子はまたすぐに元気になった。
仕方ないので、折り重なったまま、ぐりぐりと中で動かしてやる。

『やんっ!あっ…ま、まだやるのか?』
「もちろんだろ」

いつも女になっている鬱憤を晴らすかのように、天を向いていきり立つ息子の勢いに任せ、俺とスーラの宴は2人合計10回戦まで続いた。
次のページ